「古物商の基礎知識」の記事一覧

3分でわかる古物商免許

古物商の基礎知識

3分でわかる古物商免許 中古品を売買するような場合、原則として古物商許可を取得しなければなりません。 古物商許可を受けるためには、営業所を管轄する警察署を経由して都道府県の公安委員会に対して許可申請をしなければなりません・・・

古物商の営業所とは?

古物商の基礎知識

古物商の営業所とは? 古物の営業=古物の売買をする場所ということです。 ですから、営業所以外の場所で古物営業をすることはできません。買取相手の住所・居所を除けば、営業所以外の場所で古物の買取や交換(レンタル)をすることは・・・

品触れって何?

古物商の基礎知識

古物営業には、一般の方があまり聞きなれない「品触れ」という言葉があります。 「品触れ」の意味は、 『警察が古物商や質屋に渡す紛失品や盗品の特徴などを書いたリストのこと』 このリストを古物商や質屋に渡すことによって、紛失品・・・

せどりは古物商許可が必要か?

古物商の基礎知識

せどりとは? せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指しますが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売し・・・

ページの先頭へ